Ofton-Kingdom

布団の中で全てを完結したい。そんなブログ

Ofton-Kingdom

【identityV】初期サバイバーザックリメモ

サバイバーは最初から使えてそこそこ使いやすいのが揃ってるしとりあえず初期メンツだけでもいいんじゃないかなって思った。ハンターはレオくんしかいないんだよな。

使ってみたり相手したりした時の感想メモ書きです。ただのメモ書きなのです。

 

幸運児

パッシブスキル

  • 荘園旧友
  • 幸運児(箱を開ける際、欲しいアイテムをひとつ選んで出現確率を大幅上昇させる)

ドMプレイのためのバニラキャラだったがアップデートで宝箱を開ける際にアイテムを狙い撃ちできるようになった。とはいえ確実ではないし、他サバイバーと違いアイテムを強化できる訳では無いのでまだちょっと弱い方だ。泥棒がいると捗りそうだが、空軍や調香師など他サバイバーの強力なアイテム補充の為に奔走するのもいいかもしれない。箱を開けることに躍起になって本来の目的を忘れないように。

ゲーム内のかれは探偵の推理のためのスタントでしかないが、マッチング待機時いちいち霊体で他サバイバーを驚かせている罪なやつでもある。もしかしなくても探偵もこのゲームに関わったことがあるのではないだろうか…。まぁ驚いてるのも推理内の話だが。

 

医師

開始時所持道具

  • 治療器具(無制限化)

パッシブスキル

  • 医術熟練(他サバイバーへの治療速度60%増加・治療器具での治癒速度20%増加・全サバイバーの治療速度5%増加)
  • 中産階級(板・窓の操作速度15%減少)
  • 荘園旧友

激務のせいなのかしらないが目にすごいクマができてるように見えて怖い。ひとりで行動するのは苦手そうだが、一回見失うと治療器具で勝手に健康に戻っていてしぶとい。医師4人艦隊とあたってひどい目にあったことがある。一杯食わされた。

他人を治療する速度も滅茶苦茶早いので、「傍観者」取得して、運よく逃走できたサバイバーを積極的に治療していくといいかも。

虚弱持ちほどではないが、中産階級のデメリットはリッパーや狩人を相手取るときに思わぬところで響くかもしれない。

 

弁護士

開始時所持道具

  • 地図(無制限化)

パッシブスキル

  • 蠱惑(全サバイバーのロケットチェア耐久時間5%増加・弁護士の8メートル以内にいるサバイバーの解読・治療・破壊速度10%増加)
  • 中産階級
  • 荘園旧友

服の肩の部分が縫われているがボロボロなのかそういうオシャレさんなのかわからない。とにかく地図が便利だし、ゲートの場所もわかるのでまだマップを覚えきれてない初心者におすすめ。初心者じゃなくてもサバイバーの位置もわかるし、集団行動することで蠱惑を最大限に生かせる。「羊の群れ」や「ホーソン効果」でさらに加速させてやりたい。

こいつを先頭に分担行動させられると一人捕まえた時点で結構解読進んでたりするのでめんどくさい。先に潰したい。地図持ってる関係で真っ先に暗号機行きそうなやつではあるので適当に巡回しているが、たぶん初心者特有だから進むと通用しない。

 

泥棒

開始時所持道具

  • 懐中電灯(使用可能時間2倍)

パッシブスキル

  • 機敏(板・窓を乗り越える速度15%増加)
  • 収集癖(全サバイバーの暗号機調整判定の発生10%増加、判定範囲10%縮小)
  • ピッキング(全サバイバーの箱を開ける速度100%上昇)

日記じゃ慈善家言われてるのにネタバレされている。懐中電灯は使うのが難しいので扱えないようだったらさっさと箱開けてほかのに切り替えたい。フレアガンとか人形とか拾えるとラッキー。

収集癖はメリットにもデメリットにもなる。感電の確率も増えるが、完璧な調整さえすればガンガン解読が進むということだ。好奇心が収まらない冒険者の調整判定が大変なことになるので、「転禍為福」「自らを欺く」を持ってるとわからない野良の場合は使うのはやめといたほうがいいかもしれない。泥棒自身が持つのは全然アリ。

強ポジ以外のチェイスで有用なスキルはないので平坦な場所ならあっさり捕まえやすい。

 

庭師

開始時所持道具

  • 工具箱(無制限化)

パッシブスキル

  • 機械熟知(調整判定の発生確率50%低下・判定範囲50%拡大・全サバイバーの判定発生確率5%減少・判定範囲5%拡大)
  • 安心感(ロケットチェア耐久時間10%増加)
  • 荘園旧友

公式アカウントの主人公ポジ。ロケットチェアを破壊できるのだが、破壊するたびいちいちハンターに通知が行く。解読してる横でチェア破壊なんかしてたら仲間にも危害が及ぶのでやめとこう。すぐ居場所が推測される関係で存在感獲得のための足掛かりにされやすい。真っ先に拘束・負傷しやすいので後続のサポートの為にも「受難」安定か。

チェア破壊に目が行きがちだが機械熟知のおかげで安定して解読できる。調整判定発生が減るおかげで冒険者や泥棒4人艦隊みたいに高速で解読できるわけではないが、うっかりミスがないので安心感はすごい。ただし完璧な解読もしづらくなるので嫌うプレイヤーも多い。

庭師(とついでに機械技師)がいると「異常」をつけてくるハンターが多いので、解読に集中しようがイス壊してようが「逃げてたらなんか暗号機進捗戻されてめんどくさくなった」とかがよくある。「瞬間移動」や「巡視者」つけさせない(使えなくさせられた)と思うかどうかはプレイヤー次第な気がする。

全サバイバーに言えることだが、勝利のためにはチェア破壊ではなく解読してゲートを開いて3人以上で脱出ということを忘れてはいけない。忘れたやつはわたしのカモだ。