Ofton-Kingdom

布団の中で全てを完結したい。そんなブログ

Ofton-Kingdom

【identityV】追加サバイバーザックリメモ(8/23時点)

追加っていうよりかは購入しないと使えないサバイバーたち。

蜘蛛か芸者買おうとしたら心眼買っちゃったんだよ。マジで見えねえ。私なんかが使えるやつじゃなかった…。

というか追加ハンターはお試しできないので書きようがないのだ。蜘蛛は全然相手に来てくれないし…。悲しい。アプデに期待。

 

(8/23追記)祭司のワープゲートを通ってみたのでさらに祭司について追記したよ。

 

マジシャン

開始時所持道具

  • マジックステッキ(使用した際に移動速度上昇)

パッシブスキル

  • 機敏な手(暗号機調整判定の発生20%減少、判定範囲20%拡大)
  • 真偽不明(自身がチェアから救出される際の必要時間100%増加)

ペテンショーとか言われて散々な感じだし、あまり高名なマジシャンでもないようだ。庭師とは違い、全員の調整範囲を拡大するものはないので自分だけ安心できるつくりになっている。スマホのスペックがウンコだったりして判定に自信ないけど、庭師使うと怒られるヒェーってなってる人にはおすすめ。

マジックステッキを使って隠れているときは、もし本体に命中してしまうとテラーショック(恐怖の一撃)で一撃ダウンしてしまうが、マジシャンの場合はスピードアップがつくのでより安全に逃げることができる。持続時間自体は短いのでさっさと障害物の多いところに逃げ込んで撒いておきたい。使用回数も二回きりなのでそもそも見つかるような行動は避けよう。レーダー機能はオマケ。

一回捕まってキャンプされるとデメリットが災いしてほぼ助けに来てくれないので全力で逃げたい。長く気を引けるように「うたた寝」するのもアリか?でも全部振っても9%だし、思い切ってチェイススキルに全振りしてみたり?

 

冒険家

開始時所持道具

パッシブスキル

  • 探検(足跡持続時間1秒減少・走りながら板や窓を乗り越えても通知されない)
  • 好奇心(調整判定発生30%増加・範囲30%減少)

冒険記はすばらしいかもしれないが彼は大ほら吹きかもしれない。判定範囲がめっちゃ狭くなるうえ泥棒まできちゃうともう気が狂うレベルだが、泥棒がいることがむしろメリットに転化できるくらいの人格構成(もしくはリズムゲーが得意)なら泥棒編成に一人混ぜてみるのも面白いかもしれない。爆速で解読できる。

旅行記で小さくなってもスマホゲー特有のグラフィックのしょぼさで見つかることが多い。ばれないときもあるけど。小さくなっているときは復讐者の「パペット」や監視者によるレーダー探知をシカトすることができる。安全に救助出来たりする。でも「指名手配」は止められません。ハンターの魔の手からは絶対に逃がれられない!

走りながら乗り越えても通知はいかないが、べつに機敏になったりはしてないので、延々と強ポジでチェイスするよりも視界の悪いところでこっそり撒く方が得意。

 

傭兵

開始時所持道具

  • 肘あて(クールタイム2秒減少)

パッシブスキル

  • 長期訓練
  • 頑強
  • 戦争後遺症(解読速度25%低下・負傷するたびに必要治療時間50%増加)

 

トラウマがしんどい人。そんなんでお仕事大丈夫か。空軍は味方を助け出すのにも役立つヘイトタンクみたいなもんだが、こちらはうまいことやれば自力で撒きやすい。ただダッシュがめちゃくちゃ難しい。マップの障害物をよく把握してないと「なにこいつ弱くね!?」となってしまう。壁を押してダッシュするので、真正面から壁に使うと反対側にビューンっていくイメージになる。とりあえずざっとでもいいからマップを覚えておきたいところ。

おなじみチェイス向きスキル「長期訓練」と「頑強」もあるので、障害物が多いところでのチェイスも得意だし、平坦なマップでも壁さえあればダッシュで時間を稼げる。

解読要員としてはデメリットがでかくてウンコ。とにかくアイテムを使いこなせないと「オフェンスでいいじゃん」とか言われかねない。空軍やオフェンスと違い行動不能にできるようなアイテムではないのもちょっとキツイ。いざとなったら追われてる味方の盾になるのがいいかもしれない。

味方を救うようなサバイバーではないのでいっそ全員チェイス向きで固めるのもアリか。捕まらなきゃ負けじゃないのさ!

 

空軍

開始時所持道具

  • 信号銃(命中した際の気絶時間30%増加)

パッシブスキル

  • 頑強(ロケットチェア耐久時間30%増加)
  • 仲間思い(サバイバーが一人でも拘束されている時、解読速度60%低下)
  • 長期訓練(板・窓の乗り越える速度10%上昇)

120円の女。サラ〇ガちゃんかな?

当たればハンターを長時間足止めできる、一発限りの信号銃を持っている。これがいかに頼もしいかサバイバー諸君はお分かりだろう…。とはいえ現環境だと「引き留める」持ちのハンターが跋扈しているため、誰かが捕まったからと言ってすぐブッパするのはよくない…らしい。場合によりけりか。

誰かが捕まっちゃった時点で解読速度がカメのごとしになるので、味方に空軍がいたら慎重に動こう。

空軍自身はチェイス向きのスキルを備えているうえ、頑強持ちなので捕まってもかなり耐えてくれる。ヘイトを買うだけでも十分仕事をするだろう。まぁ開幕速攻で捕まるのはさすがに考え物だけど。

ところで軍隊の訓練を受けた空軍よりもコソ泥くんのほうが効果高いのは何故なのだろう。

 

機械技師

開始時所持道具

  • パペット(消費量半分・ダウンや拘束時消費量二倍で起動済のパペット操作可能)

パッシブスキル

  • 虚弱(板・窓を乗り越える速度30%減少)
  • 機械マスター(解読速度35%上昇・全サバイバーの暗号機解読速度8%上昇)
  • 臆病(サバイバーが負傷もしくは拘束時、解読速度45%減少)

命がけのゲームに挑む勇気はあるのに肝心な時にビビっている。モヤシめ。パペットの汎用性が高く、一緒に解読したり自分を回復させたり他人を回復させたりとわりと便利。解読は感電による位置ばれのリスクがあるのでちょっと微妙だが、ゲートを開けるときなら感電しないので楽ちん。技師本人を行かせずパペットで「瞬間移動」も安全にやりすごすのだ。ただし操作に夢中になってると本人にカラスがついてくるので注意。

機械マスターのおかげもあっているだけで全体の解読速度が上がる。合流しないとスキルを活かしきれない弁護士よりも単独解読の効率が上がる。上がるけど誰かが負傷した時点で技師本人のメリットは打ち消されるのでやっぱりサバイバー全体で慎重に動こう。とはいえデメリットは元々メリット分がでかすぎるおかげで、無視できるレベルではないが深刻なものでもない。間違いなくオフェンスや拘束空軍よりマシ。

見つかってしまうと虚弱のおかげで強ポジループすらしんどくなる。じゃあパペットをおとりにすればいいのか?とも思うが、パペット殴っても存在感を与えてしまうので、ダウン時や拘束時に使うにしてもうまいこと隠しておきたい。出しておかないと捕まった時に操作すらできないので出すだけでもしておこう。絶対だぞ(やらかし先生)

 

オフェンス

開始時所持道具

パッシブスキル

  • 運動天武(板を乗り越える速度20%上昇・板を倒す速度50%上昇・自身が気絶させたハンターの回復時間15%増加)
  • 機械音痴(暗号器解読速度30%低下)
  • 強い抵抗(風船状態での抵抗速度10%上昇)

 

ラグビー選手なせいでゲーム内チャットでさんざんな言われ方をしている。ハンターへの嫌がらせに事欠かないスキルが盛りだくさんで、空軍と同じく味方を守りヘイトを買う役割になる。ただ強い抵抗のせいでシカトされやすい。

他サバイバーが拾っても短時間ダッシュにしか使えないラグビーボールが彼の手にかかれば凶器と化す。逃げるために使うのではなく、味方を守るために使いたい。ただぶつけられそうな壁もないのにぶつかると自分も気絶するのであんまり意味ないことには注意。ラグビーダッシュしたときは左コントローラーよりも視点変更を使ったほうが方向転換しやすい。

機械音痴のせいで一人でも多人数でも解読効率がウンコになってしまうので、解読に徹してると「いやそれ別のつかえ」とか言われてしまう。解読して逃げるのがゴールではあるのだが…。自分が解読してたせいで味方が捕まると全体がピンチになるので、なるべく「傍観者」つけたりして味方の動きを把握しておきたい。

 

心眼

開始時所持道具

  • 白杖 ※心眼専用・持ち替え不可能(短時間ハンターの位置を味方に通知・解読途中(※)の暗号機と動いている味方をレーダー探知)

パッシブスキル

  • 反響定位(歩行もしくは疾走時、近くにいるハンターをレーダー探知し視界が少し拡大・白杖非使用時、視界が常時モノクロになり大幅縮小)
  • 心眼(暗号器解読速度30%上昇・判定発生率低下)
  • 虚弱

視界を失った代わりに超能力を得た感じになっている。超人なのでは。ゲーム内では能力として明記されてないが、盲目なので当然だが視界が狭い。真っ暗。なんも見えねぇ。しかしクールタイムが終わるごとに味方にハンターの位置を伝えられるのはとてもありがたい。定期的に情報を発信し、自分はうまいこと逃げてサバイバーの要となろう。心眼自身の情報は不足気味だが強いスキル持ってりゃしょうがないよ。

マジでなんも見えないのでマップをざっとでもいいから把握したい。弁護士に合流してもらうか、オフェンス・空軍辺りに守ってもらうのもいい。視界が悪いうえに逃げるスキルが全くないので、手軽に妨害できるオフェンスと組むのが今のトレンドらしい。

長時間生きれば生きるほどに情報を通知され、ハンターは不利になるので、とにかく生き延びることを優先したい。真っ先に捕まっちゃいけないやつ第一位だし生かしておけねぇやつ第一位。

(※)ゲーム内だと「解読された暗号機を探知」と書いてあったが、実際白く表示されてるのは解読途中で音が鳴っている暗号機だった。バグなのか仕様なのかわからないが、現状仕様では仲間がとりあえず暗号機触るだけでも心眼が暗号機を見つけやすくて助かるのは覚えておくといいかもしれない。

 

 

祭司

開始時所持道具

  • 扉の鍵  ※祭司専用・持ち替え不可能(サバイバーのみ障害物を通り抜けられるゲートを生成・ハンターの攻撃で破壊され、破壊時に中にいたサバイバーは押し出され気絶する・3回までストック可能)

パッシブスキル

  • 虚弱(板・窓を乗り越える速度20%減少)
  • 唯心(解読速度15%減少・判定発生確率と難易度50%上昇)
  • 神の保護(必要治療時間30%減少・仲間の必要治療時間10%減少)

たぶん胡散臭い新興宗教かなんかの人(偏見)。虚弱と書いてあるが他サバイバーの虚弱よりは効果が低い。とはいえやっぱりデメリットは大きい方。

 

虚弱持ちでありながら壁や障害物を通り抜けられる「扉の鍵」のおかげで、地形をうまく利用することでハンターを撒きやすい。一方通行の窓枠があって出入口の少ない聖心病院中央施設なんかは、窓を乗り越えた後に即施設内に戻ったりしてハンターをイラつかせたりできる。時間稼ぎにしかならないが「閉鎖空間」採用しているハンター相手にもある程度ポジループできそう。逆に言うと最大3枚まで貯めることのできるストックが切れた時の普通のチェイスは体弱いから無茶です。

他サバイバーも使えるので、他サバイバーがチェイスしている時に援護に回ることもできるし、マップによるが安全に脱出ゲートまでワープさせてあげたりできちゃう。ただ長いワープゾーンを作っちゃった場合、ワープ中にゲートを破壊されると気絶するので注意。祭司は移動が早いがほかはちょっと早いくらいなので薄い壁以外で咄嗟に飛び込む時は気をつけよう。

解読速度15%減少のデメリットはあるが、判定発生率もかなり増えるので、完璧調整を連発すれば全然問題ない。頑張って解読しよう。

 

 

まとめ

マジシャン・冒険者・空軍辺りはともかく、後になるほど使いづらい厄介なやつばかりだ。手がかりを使う際は計画的に。

近々くるアプデでお試し可能なキャラクターが増えるとのことなので、オフェンスや心眼、結魂者や芸者が使える日が来るかもしれない。アプデを待ってから試して気に入ったやつを買うのが一番いいかも。期待大。