Ofton-Kingdom

布団の中で全てを完結したい。そんなブログ

Ofton-Kingdom

心療内科に行ってきた話

 

勤務中に予約投稿したこの記事が公開されるってシナリオを想定してたんですが

風邪が長引いたんでたぶん寝ているうちに公開されているはずです。

 

とうとう心療内科行きました。

 

~はじめての心療内科 TV番組風

 

f:id:oftongame:20180624170535p:plain

 

今まで精神科も心療内科も受診したことなくて…

今まで気持ち的に「これ、うつなんじゃないか?」って思っても

「いやこんなの、周りからしたら大したことない悩みだろう」

心療内科とかに行くなんて甘えじゃないの?」

「そもそも怖いところのイメージあるからあんまり行きたくない!」

ってじぶんでじぶんを縛りプレイしてたんで

行かなきゃ解決しない…って思っても行く勇気出ませんでした

つまり心療内科や精神科にかかること自体を逃げなんだと思ってたわけですね。

 

でも結局、出勤前にオカンに「心療内科行きたい」ってボソっと言ったら

「んじゃあ休みの日行こう…予約なしのところ探しておくから」って言ってくれました。

そんで、実際先日に心療内科を受診してきました。

ありがとうオカン。

 

土曜日のせいかめちゃくちゃ混んでて14時に来たのに実際診断されたのは16時くらいでした。

土曜の…医者は…混む!余裕もって行こうね。

 

初診なのでいろいろ書いて…「泣きたくなる」とか「眠れない」「変な時間に起きる」とか

あといろいろ書いた気がしますが忘れました。待ち時間にはおもしろいマンガ読みつつ…

 

いざ診察の時。

 

リラックスできる個室とイスに通されて、

簡単にあいさつしてあとは自分の思ってることをしゃべ…しゃべる…

 

全然しゃべれない…!!

 

頭の中に台本を用意するんじゃなかった。テンパるわ。

あんまり覚えてないんですがやっぱり泣きたくなることとか上司が嫌とか同期がクソとか

早出分の金でないとかタイムカードないとか

もう今すぐ仕事辞めたいけどオカンはスキル学んでからやめたほうがいいって言うとか

早期退職したら行くとこないんじゃないかとかいろいろ喋りました。後半心療内科と関係なくねえか。

 

お医者さんはだまってうんうんと話聞いてくれた後

「たぶん過緊張ですね~リラックスできるようなお薬出しましょう 最初だから弱いやつで様子見ましょう」

って感じでお薬出してもらえることになりました。

 

過緊張か…。

いっそうつだったらサクっと休めたんだけどな!?

 

でも過緊張はうつ状態につながりかねないイエロー信号らしいので

うつ一歩手前マン、みたいな状態なのは言われたに等しい…でしょう。たぶん。おそらく…?

 

人間関係だけで人は…病む!

正直熱とか過緊張落ち着いても仕事戻りたくないのが本音なので2日ほどグースカしてます。たぶん。

 

あとはオカンの言う通りトイレに逃げるのも重要らしいんでガンガントイレ使おうと思います。

親は仕事に関してかたくなに「スキル身に着けてから!6か月か1年は耐えようよ!」って言ってましたが

心療内科行く言い出したら「じゃあ行こう」って切り替えてくれたのでその辺感謝はしています

 

とりあえず先生が優しそうな感じでよかったです。薬なくなったらまた通院かな…。

今思い返すとまだ喋り足りないことあったのでそれも含めてまた喋ってこようと思います。